お知らせ

5月9日よりヤングコーンの販売をはじめます。

ヤングコーンの収穫時期: 5月上旬

↓↓  2021.05.05 更新  ↓↓

とうもろこしの今年(2021年)の収穫は、6月上旬の予定です。

とうもろこしの購入

旬のお野菜(5月-6月)

  • 今が旬!採れたて産地直送!皮付きヤングコーン70本
    通常価格
    ¥2,000
    販売価格
    ¥2,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 新じゃが(キタアカリ)5kg
    通常価格
    ¥1,500
    販売価格
    ¥1,500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 新じゃが(メークイン)5kg
    通常価格
    ¥1,500
    販売価格
    ¥1,500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 今が旬!採れたて産地直送!皮付きヤングコーン50本
    通常価格
    ¥1,700
    販売価格
    ¥1,700
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ

今年も2万本!!

味のためにこだわりぬいてます

とうもろこしの味の差は収穫してから食べるまでの時間の差。宇佐川農園では、収穫から発送までの時間にもこだわっています。

1つの株に1本だけの とうもろこし

とうもろこしは通常、1つの株にいくつもトウモロコシが実ります。それをまびいて、栄養を集約したとうもろこしを育てるのです。

1つの株に2つのトウモロコシを残すのが一般的なんですが、宇佐川農園ではさらに旨味と甘みを濃くするために1つしか残しません。

つまり、一般的なトウモロコシの倍は手間をかけています。その理由は全て「美味しいと自分たちが納得できるトウモロコシを届けたいから」

ふだんはリーフレタス農家です。

リーフレタスの栽培がお休みの時期に育てられる「トウモロコシ」を作ってみたところ、地元で大評判に。6月の短い間だけですが、喜んでもらえるようトウモロコシを作るようになって5年。

その数は2万本にもなりました。

とてたての美味しさを出来る限り届けたい

畑でとれたてのトウモロコシは、完熟メロンより糖度が高いほどです。

そして、一粒のジューシィさや皮の薄さに皆さま驚かれます。

時間がたつほど、皮も硬くなり口に残るので、ご希望のお届け日時と収穫のタイミングはとても慎重にしています。

なので、特にご希望のない場合は、一番良い状態のものをお届けしようと、少し遅れることもございます。ご了承くださいませ。

【新商品】生きくらげ